総選挙あれこれ

どうも、マグロです。第9回総選挙お疲れ様でした。

この記事はまとまりなく私見を吐き出すものですーでは

モバマスほとんどやってないのでデレステの話のみです

 

0.自己紹介

デレマスは音ゲーが家でできると聞いてデレステを始めたところから。

担当:上条春菜高垣楓、荒木比奈

今回は上条春菜/松本沙理奈にぶっぱ

選挙は第7回から、LIVEは5th石川から参戦。

 

 

1.人気の固定化

まずは本戦から。個人的にランキング下位の入れ替わりがあるものの、上位はほとんど固定化された印象がありました。そこでそれが本当なのかまずは表を。

f:id:FRB5:20200523144454p:plain

個人的にデレステからの投票が可能となった第7回とそれ以前は別物と考えているため、第七回以降をまとめました。

 

ここから、この表で1回しか出ていないアイドル、つまり入れ替えがあった部分のみ白抜きに表示します。また、結果発表時にボイスが未実装のアイドルに関しては赤文字にしました。

f:id:FRB5:20200523145304p:plain

この通り、全ての年において13~14枠は固定のアイドルが埋めています。

残りの枠をボイス未実装勢が争う形になっているのがわかります。

また、第9回はVAが併設で開催された影響で未ボイス勢は軒並み姿を消しています。

代わりに入ってきたアイドルも第7回~第8回まで22位~32位までの位置におり、そのまま押し出された形になっています。

 

では一度トップを取ったアイドルが引いているためランキングは入れ替わるでしょうか?確かに安部菜々本田未央、佐城雪美は目的を達成した翌年以降は姿を消しています。

が、3代目シンデレラガール渋谷凛、5代目シンデレラガール島村卯月、6代目シンデレラガール高垣楓がランキングにいるあたりそうともいえなそうです。一度姿を消すもののやはり30~40人の枠がずっと20位以内をループするのではないかというのが個人的な予想です。

 

2.票数について

票数は第9回はインフレしました。

無課金票は第7回-第8回は100票前後でしたが、第9回は900票近い数字となりました。

金票に関しては第7回-第8回は1000票でしたが、第9回は30000票となりました。

※参考元

https://seesaawiki.jp/hondamio/d/%C2%E87%B2%F3%C1%ED%C1%AA%B5%F3%C6%C3%C0%DF%A5%DA%A1%BC%A5%B8

https://hikicomoron.net/deresute_election8

https://collapiyo.hatenablog.jp/entry/2020/05/17/164952

 

無課金票は約9倍、課金票は30倍となりました。では実際の影響は?

先ほどの画像に票数がわかるアイドルのみ追加し、残りをグレーアウトしました。

f:id:FRB5:20200523155726p:plain

f:id:FRB5:20200523155738p:plain

…数字だけ見てもわかりませんね ここで票数が3年連続判明している6名をピックアップしました。(北条加蓮鷺沢文香一ノ瀬志希佐久間まゆ高垣楓高森藍子

f:id:FRB5:20200523161848p:plain

第7回-第8回は加蓮が異常な伸びを見せているものの、おおむね横ばいといってよさそうです。

第8回-第9回はやはり票数のインフレが見えていますが、特筆すべきは前年比は9倍よりも下回っているということだと思います。(もちろん無課金票を全部回収しているわけではないでしょうし、9回はVAとの票交換もありましたので一概に言い切ることはできませんが)

 

票数の比率的には課金票が大きいように思われていますが、その場合比率は30倍に近づくようになるはずなのであまり影響はないのかもしれません。

もう一つ根拠となるのがAppの月ごとの売り上げです。

http://game-i.daa.jp/?%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA+%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9...

 

 

2018年5月の売り上げが伸びていますが、スカチケの販売時期と重なるためと推測されます。そしてそれ以外の年は売り上げが特別伸びているというわけではなさそうなので課金票の影響は思うよりは大きくないかもしれません。

 

3.人気の再生産

 VAの結果から、限定SSRが出た桐生つかさが有利だったのではないかという意見を見かけました。そこで総選挙の結果ではどうだったのかを調査しました。

表で選挙開催の前年度に限定SSR、フェス限SSRが出てない方をグレーアウト、ボイス未実装を赤文字としました。(例:第8回総選挙の場合、2018年6月~2019年5月に限定SSRが実装されたかどうかを検証しています)

f:id:FRB5:20200524104426p:plain

第7回と第8回に比べ、第9回は圧倒的に白抜き、つまり限定フェス限が前年度に出たアイドルが多くなっています。これはそもそも2019年から限定やフェス限の実装数が増えたことに影響していると考えられます。(月末限定2→月末限定3となった、フェスの開催周期変更)

 

また、第8回はボイス未実装勢が数多く占めているため第7回とは違う考えをした方がよいかもしれません。

では逆に限定SSRが実装された次の年の総選挙順位を見てみましょう。次の表は限定SSRを実装順に並べたものです。また、この表では50位以内を白抜きにしているため以前の表とは意味合いが異なります。

f:id:FRB5:20200524115240p:plain

第7回は58%、第8回は62%、第9回は70%のアイドルが限定SSRが実装された翌年に圏内入りを果たしています。最後にフェス限の方も見ていきましょう。

f:id:FRB5:20200524123140p:plain

全ての回において65%以上圏内入りを果たしていることがわかります(母数が少ないため%表示は少々乱暴ですが)

 

何が言いたいかというと選挙結果から選ばれて限定SSRが出るのではなく、限定SSRが出るから選挙結果がよくなるのではないかということです。(ここ私見

 

4.鶏が先か卵が先か

※ここの章は(特に)完全に私見となっています 

思うに総選挙は「ユーザーの意見を反映する場」ではなく「運営の動きを承認するための場」になっているのではないかなぁと。

限定や楽曲イベがあればあるほど選挙の順位は上がりやすいと思います。だって供給があればあるほど目に触れやすいんだもの。

で、そうなれば次の年も出しやすいですよね、だって「選挙の順位が高かったから」と言えますから。

 

結局のところ「公式の供給が最大手であり最強」ということが一番色濃く出た総選挙だったように思えます。辻野あかりに関してはムーブメントがかなりありましたが、砂塚あきらに関しては(あかりの動きと関連していたとはいえ、)個人の動きがあまりなかったように感じています。また、ダイマやアンケートの動きも来年は減るように思えます。活動をしていた陣営が軒並み結果を残せなかったように見えますからね(もっとも、サプボ等により状況は変化しますが)。

 

なんだかまとまりがなくなってきましたが以上となります。来年どうするかなぁ。

僕たちはまだ夢を追っている

どうも、上条春菜担当、マグロです。今回は所信表明みたいな気持ちの整理みたいな記事です。でもこれ見てボイスオーディションは松本沙理奈に投票してほしいな~~~~~~~~(邪念)

 

私が初めてブルナポを意識したのは5thSSADay2、ぴにゃメドレーの中にあった「ブルーナポレオンによる Nation Blue」でした。当時の状況で言えば荒木比奈が第6回総選挙でボイスが確定したという状況。ただ、この時私自身もそこまでコンテンツに深入りしてるわけでもなく(ライブが5thから初参戦でした)、またモバマスはやってなかったので総選挙も遠くから眺めていました。

 

そんな中で披露されたこの曲は私にユニットの存在ということを初めて意識させました。Lipps、サマプリ、メロウイエローなどが曲を披露する中、こういうことはあんまりないんだろうなって自分が勝手に壁を作ってました(Snow Wingsの件があったのもある)。怒涛のセトリの中、終わったあとの挨拶で川島瑞樹東山奈央さんが「いつかブルーナポレオンも!」と仰ってくださったのも印象に残っています。

 

時は流れて6th西部ドーム公演Day1当日。シンデレラ初現地で私は多くの「仲間」に出会いました。今までライブビューイングしか行ったことがなく、Twitterで絡みがあっても実在性を感じられないまま。第7回総選挙は中間の時点で「人気アイドルしかいね~~~~面白くね~~~~」などとのたまってました。そんな中TLにブルナポカード配布企画の話が。とりあえず参加して配布場所に行ってみると数多くの同担、そしてブルナポメンバーの担当がそこに集まってました。「わかる~~~~」っていう話から「その解釈、さては天才か?」という話まで楽しく過ごさせていただきました。

 

6th名古屋Day2。MCでの言及、そして再びの「Nation Blue」。いつからか小さな認識は、私の大きな夢になっていました。

 

ブルナポ界隈(表現が適切かわかりませんが、ここではそう書きます)は正直外から見るより一枚岩ではありません。担当に関する考え方も目標も違います。でも私たちはきっと同じ夢を見ている。

 

今はまだ、あの日見た夢を追って全力で走って「いる」

 

でも、「いつか」成し遂げられると信じて今年も頑張ります。

性癖パッチノート 10.5

みなさん、こんにちは。性癖パッチ10.5にようこそ!

 

このパッチでは最近少々強すぎる年上属性の全体的な調整や最近行き場を失っているコスプレプレイに新たな力を与えることにしました。また、アイテム面ではソックス系に細かい調整を行いました。早速見ていきましょう!

 

 

JD

年上属性を削除、知的要素の数値を低レベルで弱体化。

 

JDはもはや年上とは言えなくなっているので、属性を削除することにしました。また、知的と呼ばれる要素に関しても低レベルでの数値があまりにも高かったので弱体化を施すことにしました。(高レベルではそのままです)

 

P-年上の余裕→削除されました

W-人生のちょっと延長線上 30/40/50/70/90→20/35/45/70/90

 

OL

20代前半での数値を弱体化、甘え属性のクールダウンを減少。

 

OLに関しても低年齢での数値が強かったのでほんの少し力を削ぐことにしました。とはいえ、JDの弱体化も合わさるので甘えのクールダウンを下げて全体的なパワーのバランスを取るようにしました。

 

Q-お姉さんに任せなさい! 40/50/60/70/90→30/40/60/70/90

E-仕事お疲れ、頑張ったね! 10秒/9秒/7秒/6秒/4秒→8秒/7秒/5.5秒/4秒/3秒

 

眼鏡

基本特攻の数値を上昇。

 

眼鏡の立ち位置に関しては我々はおおむね満足しています。とはいえ、この属性に関してはもう少し強化の余地があるでしょう。

 

特攻 30→45

 

バニー

網タイツの数値を上昇

 

ここ最近のコスプレは行き場を失っているように見えます。なのでシンプルに数値を強化することにしました。とはいえ、最近は「逆バニー」という新たなプレイスタイルも出てきたため、あまりにOPにならないように今後の動向を注意深く見守っていきます。

 

E-魅惑の網タイツ 30/40/50/60/70→40/50/60/70/90

 

水着

披露する機会のクールダウンを低レベルで短縮

 

水着はハイパーキャリーとしての性能は目を見張るものがありますが、その披露機会の少なさで活躍する間もないまま終わってしまうことも珍しくありません。そこでクールダウンを短くすることによってより魅力を引き出せるようにしました。

 

R-私に釘付け! 6月/7月/8月→5月/7月/8月

 

ガーターベルト

攻撃力と色の濃さを上昇

 

ガーターベルトはニッチな需要があるものの、積んでいる人は限られています。そこで数値を伸ばすことによってより魅力のあるアイテムにしました。

 

攻撃力 50→65

色の濃さ 40→50

 

バグ修正

・上目遣いで想定以上の効果を発揮するのを修正しました

・女性と対面した際に不自然な挙動になる部分を修正しました

Secret×Rose 考察

どうも、ご無沙汰しています。マグロです。

シャニのエイプリルフールイベント考察。書きなぐり、ネタバレましまし~~

 

この学園で人を消してるのは三つ。

①ロミオ

②ジュリエット

③バラ

 

これはアーカイブの選択肢に出てきており、それぞれのユニットメンバーがなぜ消えたかの原因を表していると考えられる。ロミオとジュリエットに関しては比較的描写されているが、バラについては謎が深いので更に考えてみる。

 

1.七草はづきについて

この作品のキーパーソンにして謎多き人物。懺悔室の鍵を貸し出したり、甜花ちゃんにローズティーをあげたりとある程度失踪側に関わってるのは間違いないが、一方ロミオとジュリエットが出会ったことで失踪は終わったと思っていたが最後にはバラ(推定)に消されることになる。

 

失踪をある意味手助けしながらも、最後には「これでもう誰もいなくならずに済む」という発言をしていることからこれが本意ではないと考えられる。(ローズティーを選択した際にも「こらえていた」の発言あり)

 

となると、考えられるのは「自分が何かに狙われており、それを解決するために行動してる」なのかなぁと 自分がロミオに狙われていると感じてるから代わりにジュリエットを差し出すことによって助かろうとしていると考察。

 

そうなると主人公にローズティーを勧めるのは危険なのかな?と思いつつ…(考察不足)

 

2.バラとは?

でははづきを狙っていたのは誰か(何か)となると、バラになるのかなぁという妄想。バラ自体はストレイルートで主人公、ストレイメンバーともに消していることから無差別と分かる。それをはづきさん自体は「ロミオ」と「ジュリエット」が消していると勘違いしたのでは?という感じ

 

EDにロミオとジュリエットが出会ったことによってバラが学園中から消えたという描写もあることからこの二人と無関係ではない。おそらく二人のバラに対する情念が変質して別の何か、無差別に消すものになったのかな?とか

 

3.まとめ

ロミオとジュリエット側はの話は放クラルートでかなり詳しく書かれており、女生徒と教師が引き剥がされたことによってそれぞれの怨念が、そして別個にバラの怨念ができて消して回っていた。はづきの策略によってロミオとジュリエットの成仏には成功できたが、学園にはバラの呪いが残ったままであった。

 

みたいな感じがぼくのかんがえたストーリーのうらがわです。(ここまですべて妄想)

 

やっててマジで怖かったし「甜花ちゃん…???ほんとにデビたろうの歌うたっている人と同一人物???」みたいな感じでした。

 

あと書いてて思ったけど「女生徒と教師」の関係ってほぼほぼ「アイドルとP」の関係にかぶるじゃんね。その末路をこんな感じで描写する運営ちゃん…

 

この記事読んで「俺はこう考えたぜ!」とか「こんなの面白くないすか」みたいなのあったらツイッターに投げて下さい。読みます。執筆時点でもうエイプリルフール終わってるけど。

第三者からのGaze and Gaze

どうも、マグロです。

みんな怪文書流してるから便乗です。

 

Gaze and Gaze、大阪で聞いた時には大層驚いてました。フォーリンってそんなバチバチな曲出すん???みたいな

 

ってことで久々にスタドリ飲んでさくっとコミュと特訓コミュあさった上で戯言を連ねていこうかなーという次第です。最近書いてなかったからリハビリも兼ねている。以下ネタバレマシマシ。

 

 

 

コミュ見たらこの曲調になったことは納得したのでこのユニットの特殊性、拳合わせ、Gaze and Gazeの違和感、将来なんかをてきとーに。

 

フォーリンシーサイドはお互いをライバルとして見るユニットですが、似たものとしてはTPや他事務所のストレイなんかがパッと思い浮かびました。

ただ、それらのユニットとの決定的な違いとして、「スタートライン(実力)が同じではない」「それをお互いが理解している」点にあるのかなぁと。

 

TPは自分も負けてないと感じているし、ストレイはあさひがそうは思ってなさそうですからね。ただフォーリンは「川島瑞樹が村上巴よりも先に行ってる」ことをお互いが知っていることから始まるのは斬新だなぁと。

 

そう考えると拳合わせって健闘を認め合ってやるもの(真くんの「やーりぃ!」みたいな)ものではなく、「果たし状」「宣戦布告」のような意味合いなのかなぁと納得できました。

f:id:FRB5:20200303210254j:plain

※イメージです

 

じゃあ「Gaze and Gaze」って?先を行って走り、それを追いかけるなら視線を合わせることはないのでは?と考えてたんですよね。

そしてさっきの果たし状を思いついた末に思ったのが、「あぁ、この人たちは殴り合ってるのか」と感じました(※すべて個人の見解です)。

 

じゃあその先、この勝負の果てを考えるとすべてが丸く収まるようなエンドは存在しないのかなぁという妄想まで。

まず「実力が並び立ったら負け」という前提があります。川島さんが「追い付かれるわけにはいかない」という旨の発言をしているわけですからね。だからどちらかが引退するまでこの勝負は続くんじゃないかなって。それは「追いつかれたから引退」もあるだろうし「勝ったまま引退されたから越えられなくなった」もありそうですけど、いずれにしよ決着はつくのかなって。

 

つらつらと述べたところでEDを楽しみにしつつこの辺で。

新年更新

あけましておめでとうございます。(大遅刻)

マグロです。特に何かあるわけではないんですけどフォロワーがみんなブログ更新してたので流れに乗っただけです。

 

去年の記事もデレマスメガネmtg等々節操ない感じですけど多分今年もこんな感じです。140字で収まらないことあったらこっちに書き込んでいくと思います。

 

あとブログ名変えました。本年もよろしくお願いします。

to オタク from メガネ

どうも、マグロです。

宣言通り比奈P向けの記事です。


実はNLイベントの時からずっと不安だったことがあって、それは比奈がメガネかけることをどう思ってるかってことでした。


彼女にとってメガネはイケてない象徴。だからこそアイドルするときは外してきました。それなのに春菜に引っ張られてメガネかけるのってどうなんだろ…って。

f:id:FRB5:20191115234702p:plain

↑公式がこれだぜ?


ちゃんとNLのコミュで議題提起して、答え出してくれたけど、多分心の中ではモヤモヤが残ったままだったのです。


そして、ライブのるいるいの挨拶でめちゃくちゃ刺されました。春菜Pとしては、本当に嬉しかったし、ぶっちゃけ泣きかけました。


その後の感想会で比奈Pに同じことぶつけてみたら「いや、比奈が良ければそれでいいんだよ」という回答で。初めて思ったんすよ。


「俺、比奈のこと知ってるつもりで全然知らないんじゃない?」


急いで個人コミュ全部読み直して

f:id:FRB5:20191115235021p:plain

↑一応全部揃えてはいた


衝撃を受けたんですよ。

比奈のこれって!!!!

f:id:FRB5:20191115235146p:plain

f:id:FRB5:20191115235222p:plain

f:id:FRB5:20191115235247p:plain

これじゃん!!!!!!!

f:id:FRB5:20191115235332p:plain


めちゃんこ心にきました。しかもその弱さを乗り越えた先、いわば春菜が眼鏡を外した先の曲がNeedle Lightとか成長の塊か???????


というわけで、若輩者ですが。

これからは春菜、楓、そして比奈担当としてプロデューサーをやっていきたいと思ってます。


サイバーグラス担当ではないです。(捻くれ者)


だってはるひなだけじゃなくて虹ドリもモルチルもにゃんとももグラスフルも無限の可能性じゃんはるひなに固定したくないもん!!!!もちろんブルナポもだよ!!!!


というわけで、デレの担当が3年ぶりくらい(というより初めて)増えました。皆さまどうぞよろしくお願いします。